黒染めをしたいのか?暗くしたいのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そうです。

本日牛タンの日

後夜祭です。

誰か食べに行きませんか?


今日の営業にて。

よくあるオーダー。

黒くしたい。

というお客様。


毎度ながら。

次明るくするのが

大変になるとか。

いろんなことを伝え。

今回も。

もちろん

しない理由がないw

早速

トライすることに。

アンダートーンが。

最初の色の事。

ムラっぽさもあったので。

ブラウンブレンドで

スコーーーーン

と一色に。

ダメージを

極力抑えつつ。

ツヤ感をキープ

できましたよと。

毎回このような

オーダーが

月に何名か

いらっしゃるの

ですが。

当たり前だけど。

絶対聞きます。

なんで暗くするのか?

なんとなく?
就活?
出産?
いろいろあると思います。

それをイメージして。

僕の場合。

シーンに合わせて

行うことを

大切にしてます。

今回のお客様には。
黒に近い暗髪を。
提供させて
いただいたのですが。
それには理由があって。



 根元が気になる。


もうおそらく染めない。


とのこと。

ですので今回は

ブラウンも
どっぷりとね
使いましたよ。

よく最近

流行っているのが。

色味だけを入れて

濃い色味で暗くする。

 

厳密に言うと暗染めですね。

一方では。

ブラウンをしっかり入れつつ

トーンをしっかり

落としていく。

希望の明るさに

持っていく。

一般的な属に言う

黒染めをするのと。

色味だけを使って

黒染めをする。

似ているようですが。

退色の具合や

室外の見え方が

まったく違ってきます。


もちろんどちらとも。

メリット

デメリット

があります。

だからこそ。

なんとなく今

流行っているから

とかではなくて。

しっかりとした

思考をもつこと。

お客様中心の

その時の

そのお客様に合った。

提案をすること。


 を第一に。


 僕からしっかりと提供
しなきゃなぁと。

明日からも

バッチリ。

切り込んで。

いきます。

なんでも

お任せください。

( ̄^ ̄)ゞキリ

では。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする