ストレートとカラーの関係性って?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も働きマンです

朝からスタッフが
サンドウィッチを
くれました。

意識高い系なので。

サラダです。

こんにちは。

井口です。

今日はですねー。
カラーリングと
ストレートを
一緒にと言うか。
ついでにやりたい
と言うお客様が
ご来店されたので。
完全に
綺麗にしときました。

でもね。

そもそも。
ストレート
カラーって
一緒にしていいの?
ってね。

お客様は疑問のようでした。

持論です。
していいなら。
全然やります。
むしろ一回しか来れない
いや
時間が作れない
多忙すぎる
お客様も
いらっしゃるので。

でも。

僕の。

理想郷はね。

実際分けたいです。

本当は。

髪のコンディション
とかもあるので。
まあ。でも、
根元のカラーと
ストレートなら。

容赦なく行きます。

なぜなら。
毛髪診断してやれば。
全く問題ない。

しかしながら。

全体カラーとなると。
話は別です。
色という壁が
立ちはだかってきます。

ストレートは

大丈夫ですが。

カラーの

色持ちの問題が。

多少ね。

出ちゃうんですよ。

だから欲を言えば。
分けたいです。

でも一緒なら。
少し濃いめに入れる。
もしくは
色持ちが悪い
可能性があっても。
希望色で染めるか
選んでいただくように。
しています。
で。了承を得たら。
もう。

GO〜!

って感じです。
ちなみに今日のお客様。
癒されました。

ありがとうございました。

広がりとうねり。
あとは
パサつきもあったので。

早速ですが。

アフター

です。

こんな感じですかね。

ざっと3時間と少し。

お待たせいたしました。

こんな感じで。
僕のわがままを
聞いていただき。
とりあえず。

根元のカラーと。

イノストレート。

素敵に仕上がりました。
ありがとうございました。

明日はお休み頂きます。

嘘です。

心よりお待ちしてます。

でわ。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする