僕が思うカラーリングの話。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

連投です。

失礼します。

最近。お客様一人一人に合わせた

カラーリングを

提案させていただいて

よく思うことがあって。

それについて自分の中で

整理できたので少し。


最近はお任せしますと
おっしゃる方が増えてきていて
本当にありがたいです
それと同時に核心をついた
提案と技術を提供しなきゃなと。

思っていて。

グレイカラー(白髪染め)の

カラーリングのお客様

ファッションカラーのお客様。


カラー剤に関しては
そんなに明らかに違う
カラー剤ではないです。
実際のところ
お客様との会話でお客様が何を思って
白髪染めというワードを会話の中で
出てきたかの方が大切で。
何のためにカラーリングをしているか
という理由。
その根本のところを
考えないとなと最近は思っていて。

僕の中では

ファッションカラーのお客様は。

最近の流行のカラーをお伝えして
施術させていただいたり、

イメージの画像や属にいう
ビジュアルを通して
ヒヤリングしカラーリング
をさせていただいてます。

最近思うのは、
ファッションカラーのお客様は
少し前より
色味をしっかり
求めているということ。

少し前は色味というより

明るさを重視している印象。

絶対的に強かったのですが。

最近は色味重視の

お客様が多いような気がしていて

明るさよりも色味を重視して

僕の担当させていただくお客様には

割としっかりめに色味を

入れるようにしています。

(暗めではなく深め)

ここが大切です。

逆にグレイカラーをされている
お客様には。

極端に言えば2パターンのどちらかに

大半が当てはまるのではないかなと

明るくして白髪をボカす方。
あるいはしっかり染める方。

2パターンのどちらかがです。
(キッパリ。)

明るさ重視であれば選定を

間違えなければいいので

問題ないのですが。

しっかり染めたい方に関しては

意外と暗くしたくない

と半分くらいのお客様が思っている印象。

僕の中ではそういうお客様には
ファッションカラーの
お客様と反対で
したい色味が特にない場合は
細かく言うと
試行錯誤していますがw
希望の明るさのナチュラル系
の赤みが少し強めのカラーを
提案させていただいています。

なぜなら黒い髪には日本人には特に多いのですが

元々赤みの色素をたくさん含んでいます

人それぞれ個人差はありますが

僕の中ではカラーリングをする際に

必ず赤みに寄ったカラーリングになると

考えていて、そういう理由から

少し赤みがかった色味で

より馴染みやすくカラーリングを行っております。

もちろん色味の希望がある場合は

アッシュだからと言って

アッシュを混ぜるのではなく

マッド系の色味を入れて

できるだけ赤みを消しつつ

退色を考えた上で

寒色系に寄せるようにしたり

髪の状態を見て

これだ!!!!

と思う調合させていただいていています。

でもそれは一例にすぎず
その人にあった希望に近いカラーを
ライフスタイルや
シーンをイメージして
カラーリングをしていて、
お客様のニーズに合うよう
第一に考えています。

僕の考察としては

今の時代の流れ的には

ファッションカラーには濃いめ。
なぜなら退色を楽しむ
事ももちろん。
日々色が少しずつ変わるので
色を濃く入れることで
少しずつ
曖昧に透明感が出てくる
と同時に
次染める時の
カラーリングの色のベースが
属にいうアンダーベースが
変わってくるので
同じカラー剤をぬったとしても
違う色になります。

そういう面でも

色味を重視する

ということが

大切なのかな

という印象。

グレイカラーには
逆に暗めただ染めるのではなく。
ではなくいかに
白髪をしっかり染めるか。
そして変に
くすみというか濁らせず。

その中でも色味にもこだわって
お客様に対応すること
そして絶対的に
綺麗に見せていくこと
が大切なのかなと。

僕もこう言ってますが
お客様のニーズや
その時のイメージで
勝手に決めることもありますw
僕が考えるのは
お客様希望を聞いて
そのままカラーリングをする
のではなく
イメージにプラスαが
お客様一人一人
毎回その時に合った
旬の提案が必要なのかなと。

偉そうなことは
言えないので。
自分も
このことを肝に銘じて。

頑張ります。では。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする