夏の課題’海”からどうやって髪のダメージを守るか考えてみた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさん。夏といえば

でも髪の退色が

気になるんじゃない?

鉄板の対策としては

  1. できるだけ濡らさない
  2. UV対策をする。
  3. 暗めに設定し染めてもらう。

確かにそうですよね。

でも僕的には仕事的に問題なければ。

根元だけカラーを行い、

圧倒的退色まで限界の明るさを待つ

でもお客様によって。

髪暗くしたいんです〜

あるあるパターンですが

そういうお客様を

涼しい顔してガン無視し。

雑にベタベタに顔につける勢いで

根元だけを染めるとか、

サイコパスみたいなことは

やってませんので悪しからず。

なぜなら色が抜けることで、

寒色系の(アッシュ系やマット系)

の発色が最高潮になると

同時に透明感が出るよってこと。

特に、僕的な意見ですが、

コテ巻きされる方や、

グレージュなどの

ベージュ系には最適です◯

もちろん髪質にもよるから

相談してくださいねー。

もちろん持論だけど。

毛先をブリーチ等で明るくして

グラデーションカラーのベースを

ナチュラルに作るのもありかと。

もちろんデメリットとしては、

ベースが明るくなるからね一番は、

根元(プリン)が気になるかなぁ〜

あとは手触りも悪くなるから、

切れ毛とか枝毛も自ずと、

多くなりますので

お気をつけて。

あえての根元無視して

一色染めするのも、

根元も黒すぎないので、

カジュアルなファッションの方には

オススメです。

まあでも、

定期的なサロンでの、

カラーリングはお勧めします。

セルフカラー(ホームカラー)は

正直消えて欲しいと切に願ってます。

話が逸れましたが、

夏はヘアケアをサボらず

夏髪を楽しんで。

そして海の季節が去る頃に

カラーとトリートメントを贅沢に”

もちろんそれでも、

髪の毛の手触りが

どうしても気になる方は、

もういっそのこと諦めてさ

決心したら

僕に任せて。バッサリ

切っちゃいましょう。

こんな感じとか夏おすすめ

死んだ魚の目をしてカットします

でも、

どうしても伸ばしたい方は。

枝毛や切れ毛のケアとして、

トリートメントと一緒に、

毛先のカット等の小まめな

メンテナンスもオススメします。

カットしないと、

やっぱり毛先のダメージは

正直解決しないからね。

こんな感じで。

夏と紫外線も

乗り切ってみては。

熱中症には気をつけましょう。

そういえばエアコンの季節だけど。

喉とか大丈夫ですか??

酒灼けみたいになってない!?

寝る前に、

コップ一杯の水を飲んで寝ると、

喉が乾燥しないんだって。

ちなみに水分で思い出したけど。

濡れた状態の髪は、

海水でも水道水でも

ドライヤーせず放置してると

必ず髪の乾燥の原因

になります。

no more no dry.

あってる?w

時間もかかるし、

暑いって思うかもですが

しっかり乾かしましょう。

いっそのこと乾かすの大変ならば。

もう一回言います。

艶ボブにします来てください。

モテちゃいますよ

うん。かわいい

今日はそんなところで。

でわ。

城北店 stylist 井口 尚之

静岡 ボブの人

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. payday loans より:

    small personal loans poor credit
    payday loans
    cash advance toledo ohio

  2. viagra-cheap.org
    generic viagra 100mg
    cheap viagra fast shipping