カットを見てみて思ったこと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝、後輩の子がカットを教えて欲しいって事で、朝珍しくトレーニングにきてて一緒にトレーニングをしました。

「カット教えてください」と言われ教えることはせず、その前に教えるというか客観的に見てまず、「今どういう風に見えるのか」を伝えることにしました。

もちろんデビュー前であり経験年数も僕が言える立場ではないが、僕以上に経験は浅く、後輩のカットを見ていてアドバイスした事。

ラインとかシルエット以前に、自信がなさそうに見えるから先ずは、「カットの姿勢を治すこと」をアドバイスしました。カットは自分自身で練習して回数を重ねることの方が上手くなるけど、見た目に関しては「客観的に見た自分の姿」は指摘されないと中々わからない。

もちろん接客においては話し方、内容や雰囲気などプラスαで加わるものであって、技術含め「どのような人にやって欲しいのだろうか?」そこを加味しながら、技術と共にクオリティーを上げていく。こういったことも大切なのでは?

しっかり自分自身とも向き合おうと思います。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする