【初めてボブにする方へ】失敗しないボブになれる方法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

初めまして(´-`).。oO(

このサイト主のボブの人です。

読者の皆様のお役に立てるよう

今回はボブの人が

失敗しない

なりたいボブになれる法則を紹介します。

ボブの疑問について僕の視点からなので自論が多いですがよければ目を通していただき特に初めてボブにする方などよれしければ。

是非ともご参考に。

最初にボブ(BOB)とは

※HAIRより引用

おかっぱ。前髪から襟首まで段差なく、

短く切りそろえた髪型。

のこと。

ちなみにグラデーション(段差)を取り入れることでボリュームが出るようにカットするショートボブや、顔周りに連れて長くなる前下がりのヘアスタイルもアウトライン(ヘアスタイルの形を決めている長さ)が切りそろえられていればボブスタイル。ということになります。

芸能人で言うと本田翼さんや広瀬すずさんなどが、ショートボブにしていることが多かったり、水原希子さんや滝沢カレンさんなど少しカッコイイ印象のタレントの方が前下がりボブにされていることが多いです。

ちなみに前上りボブにおいては、マッシュルームカットもその部類に所属します。ですので月亭方正さんやふかわりょうさんなど男性の方であれば個性的ない印象にもつながりますし、大原櫻子さんなども近いヘアスタイルにしていたことで話題になりました。

形としては大きく分けると3パターンです

見られる印象は?

※前髪の有無やカラーリング等にもよります

ワンレングスボブ

床面に対して平行でフラットなボブスタイルで定番のボブです。初めてボブにされる方やお手入れを楽にしたい方にオススメです。印象としては可愛くもできるしカッコよくもできるのでとりあえずボブにしたい方にはオススメです。まとまりやすく基本的には間違いないヘアスタイルです。

前下がりボブ

このボブは顔周りにいくにつれて長くなるヘアスタイルなので前髪の印象によっても異なりますが、基本的にはクールなイメージになるのでカッコよく見せたい方や、意外と耳にかけても決まるスタイルでもあるので人気のあるボブスタイルです。カジュアルな感じでも行けるヘアスタイルなので、ボブの人的には前髪は長めで是非やってみてほしいヘアスタイルです。

前上がりボブ

割と丸い印象を与えやすいヘアスタイルで抵抗がある方も多いとは思いますが優しい印象や可愛らしい印象になるヘアスタイルです。小さいお子様はもちろん柔らかい印象を与えたい方におすすめのヘアスタイルです。マッシュルームカットもこの部類に入ると分かる通り他のボブスタイルと違い、顔がはっきりと出るヘアスタイルなので人と違うヘアスタイルが良い方にオススメのヘアスタイルでもあります。

※画像はGoogleより引用

もちろんトップを短くすることでボリュームバランスを調節したり、長さによって印象は変わりますが大まかな印象はシルエットで決まるのでこちらを参考に自分のなりたいイメージを合わせて希望をオーダーしてみてくださいね☆

初めてのボブにオススメなのは?

基本的にはボブスタイルの場合は極端にレイヤーを入れて軽くしたりというヘアスタイルではないので「乾かすだけでまとまりやすいヘアスタイル」になっているので基本的にはどんなボブでもオススメです。私見ですが、ボブの人的には肩につかないの長さの重めの若干前下がり気味のグラデーションボブがオススメです。

※HAIRより引用

この長さなら邪魔になった時にも結ぶことも簡単にでき、少し前下がりにすることで耳に掛けやすかったり、お休みの時などの時はカジュアルな方でも、アレンジの幅もとても広いのでイチ押しのヘアスタイルです○

ボブのカラーリングって?

ボブスタイルのカラーについてですが、私感になりますが初めてであれば暗めのブラウン(茶色)がオススメです、もちろんアッシュ系や人気のグレージュでもいいと思いますが、どちらにせよ暗めのトーン(明るさ)であれば社交の場であっても、プライベートにおいてもいろんなシーンでファッション的にも比較的合わせやすく幅が広いです。もちろん、そのままの髪色であえて黒髪ボブのヘアスタイルも人気です。前髪の長さで大人っぽい印象も可愛らしい印象もどちらでもいけます。さらに顎下くらいまでの長さであればまとまりもいいですし、スッキリしたヘアスタイルになるので黒髪との相性も抜群。相性がいいこともあり、ここ近年ずっと定番のヘアスタイルにもなってます。

短くすると癖でハネるから切れない

癖が気になって切れない方、広がってきれない方は以外と多いです。この意見は反対派もいると思いますが、ボブの人的には縮毛矯正で癖をとりましょう。という考えであり、僕自身ストレートパーマ(縮毛矯正)を今までで一番綺麗にかけれるようにお客様の髪を見定めて薬液選定をし、最高の状態に仕上がるよう日々努力してます。縮毛矯正と聞くとツンツンになるイメージやピンピンの針金みたいになるイメージを持っているお客様が多いです。しかしそんなことはなく現在のストレートパーマ(縮毛矯正)は薬液の選定をしっかりしてダメージ具合によって適正に施術をすればコテやブラシでワンカールにすることも可能です。朝起きてセットするのも縮毛矯正をかけることで時短にもなるので是非やってみてくださいね。

ボブスタイルのパーマについて

「今のヘアスタイルがボブなんだけど飽きたからパーマかけようかな。」というご相談をサロンワークでもされる方も少なくありません。僕的にはパーマについては髪質において要相談。可能であれば要望をお伺いし施術させて頂くようにしております。僕自身頭が大きく見えるヘアスタイルはサロンスタイルでは絶対的にナンセンスだと考えておりますので、軟毛で猫毛でありさらにセットの有無を確認しセットするようであればさせていただいています。ちなみに広がりやすく太い剛毛の髪質の方に関しては基本的に迷っているのであればかけません。コテを使った方がうまくいく場合が多いですし、コールドパーマに比べて断然ツヤも出るのでヘアカタログの仕上がりに近くなります。さらにパーマをかけない方がお手入れが簡単になる場合もあるのでそのようにさせていただいております。そんなことはないという考え方の美容師さんもいらっしゃるかもしれませんが、ボブスタイルで初めてのパーマはリスクが高く広がるようになり縮毛矯正(ストレートパーマ)をかけ直し髪に負担をかけることになりますのでしっかりとパーマをかけたい場合もスタイリストさんとご相談することをオススメします。

パーマはしない方がいいってこと?

パーマは縮毛矯正(ストレートパーマ)と同様に髪の毛の形状を変えるので、イメチェンをもちろん期待できます。しかし反対に注意も必要です。パーマはコテ巻きをする方の持ちを良くしたり、毎日結ぶ方は巻かなくても巻いたような感じになるのでアレンジされる方はすごく楽になると思います。ですので上記に該当される方には朝の時短にもなるし僕的にもオススメです。反対に時間がなく半乾きで寝てしまっている方や、朝などセットの時間が取れない方に関しては逆にお手入れが大変になることもございますので、自分の髪質があまり理解できない方は美容院で相談しても良いと思いますよ。ちなみにボブの人的にはセミロング以上の方は髪質にもよりますがデジタルパーマでコテ(カールアイロン)を巻く巻かないにしろお手入れが楽になる場合が多いので是非おすすめのメニューです。もちろん完全に髪の毛を乾かすのはマスト案件になるので手間かもしれませんがしっかり乾かすことを忘れずに。

切りっぱなしボブにしたいけど…どう?

今流行りの切りっぱなしのボブスタイルですが、正直髪質によって僕の場合は切り方やスタイル自体を少し変えてカットするようにしています。猫っ毛(軟毛の細毛)の方においてはそのまま切りっぱなしでもそんなに扱いにくいことは少ないのですが剛毛(太い毛)癖がある毛もそうですがコテを使うかどうかにおいても変わってきます。髪の毛が多く太い毛の場合は切りっぱなしなだけではご自身でセットされる際に上手くいかないことが多いのでトップセクションにいくにつれて長めに切る(ダイレクションをかけつつ)内側の毛量をとるなど髪質によって切り方を変え、よりお客様がご自宅でお手入れしやすいようヘアスタイルを創るように心がけています。切りっぱなしボブについてはまた記事を載せますので少々お待ちください笑。

※googirlより引用

ボブのセットがうまくいかない…

初めてボブにした方や癖が強い方。あとは髪の毛の量が多い方に多いんですが実はしっかり乾いておらず根元のクセがとれていないのが原因でハネていることが多いんです。ですのでまずは乾かし方をを見直しましょう。まずは8割程度はシャンプーするように頭皮をこすりながら乾かすだけでOK。できれば襟足付近の部分がハネる原因になっていることもあるので後ろから乾かしていただくのがいいと思います。ご自身で乾かす場合は分かりやすいイラストがあったので参考にしてみてください。乾かすまではこれでバッチリです!そのあとのセットについてですがあまりセットが得意でない方は、僕的にはくるくるドライヤーがオススメです。風量が弱いものが多いですが簡単に丸みがつけれますし自然なツヤが出るのでコテやブラシをあまり使わない方にはオススメなので是非試してみてください。それでもどうしてもうまくいかない場合は再度サロンへ行き美容師さんに相談してみてください。お客様的には「めんどくさいって思われたらどうしよう」など心配される方も多いですが、美容師さんは以外とあんまり気にしてませんし、僕だったら「もう一回来て欲しいなー」って切に思うので勇気を出して電話をしてみてはいかがでしょうか。

寝癖について

ボブは基本的に量を極端に削いだりトップを極端に短くするということはないので寝癖はつきにくいと思います。もし寝癖がついてしまう場合はボブスタイルに限らず完全に乾いていないで寝てしまっているんだと思います。厳しい言い方をするようですがそれでも治らない場合はカットに問題がある場合が大半を占めている場合が多いと思うので、他の美容院に行って整えてもらって様子を見てもいいと思います。それか凄まじい寝相の持ち主かもしれませんね。

毛先を内巻きにする巻き方って?

ボブは毛先のおさまりがめちゃくちゃ大事だと思ってます。ですのでボブの人的にマジレスすると、ネットには「太めのコテを使ってみると良い」など書いてあることを見かけますが僕的にはコテ(カールヘアアイロン)を使うにあたって基本的に太いコテでも細いコテでも難しさは変わらないと思います。変わるのはカールの太さだけです。ですので僕的にはストレートアイロンが超絶オススメです。「え?ストレートアイロン?」って思う方も多いと思いますが、ストレートアイロンであれば初心者でも失敗することも少ないですし、面が平たいので毛先が折れるのも防止することができます。もちろんくるくるのカールを出すのは少し難しいかもしれませんが、ワンカールであればコテ(カールヘアアイロン)よりもツヤが出ますし、まず初めてやってみる方はストレートアイロンを使ってみることがオススメでワンカールをマスターして「違うセットを試したい」と思った時にコテ(カールヘアアイロン)を使うのも遅くはないのではないでしょうか?

※番外編

サウナに行った時の対処法

ボブの人はサウナが大好きです。サウナはデトックス効果や血行促進効果等、すこく体にもいいので行っていただきたいのですが。よく退色してしまったりダメージでパサパサになったというお話をお伺いします。サウナの際の対処法としては熱によって受けるダメージと乾燥によるダメージが大半を占めています。ですのでコンディショナーをつけたままにしておくか、ヘアオイルをしっかりつけておくのがオススメです。シャンプーだけの場合で放置してしまうと素髪の状態に近いのでよりダメージを受けやすいです。是非髪の毛のケアを忘れないようにしてくださいね。

いかがでしょうか。ボブの疑問やなりたいボブに近づける情報を随時更新していきますので是非ご参考になさってください。

皆様が素敵なボブLIFEを過ごせますように。

ボブの人 井口尚之

長い文章にもかかわらず、目を通していただきましてありがとうございました。是非ボブの楽しんでください。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする