カラーについての持論。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

静岡 ボブ推しの 井口です。

今日はお客様プラスで

たくさんのスタッフが

(3連荘)

来てくれました。

ハワイ前に。

綺麗にしたいという。

最強のブライダリストの

手塚(_ _).。o○

さすがに退色してたので。

上品な極みアッシュに。


マッド感はもう。

いいかなーってなったので。

上品かついい感じに(^o^)/

colorがしみる方は。
やっぱりcolor剤に

ガムシロップは効果的でした。

後はstylistの時枝が

来てくれたり。

ずっと彼は飴食べてましたw

アフターとらずに

帰らせちゃったけど。

何気に3年ぶりくらいのカラーを

任せてくれたりね。

ちなみに今回

colorを塗ったのは彼


その顔なんなの?w

相変わらずカッコつけてます。

そして最後の1人は。


一緒に働いていた彼女です。

予約表には。

ブルゾンちえみ

と書いてあり。

誰かと思えば本人でした。

彼女とは歓迎会ぶり

とりあえず。

髪の状態が。

あーあーあー。

って状態だったので。


僕の頭の中のイメージでは。

色にバターが乗っかる感じの

とろっと感wで仕上げたかったので。

ゴリゴリのブリーチ毛に。

得意の配色で。

グレーパープルに。

ツヤ感は神ですが。

極濃すぎてわからないので。

あんまわからないw

てことで。

こんな感じに。

カラー剤は。

こいつらを。

addicthy改め。

inocthy colorで

ちゃちゃちゃと

仕上げました(_ _).。o○

今回の仕上がりも。

ファッションモンスターの

彼女もw


満足したようで。。。


なによりでした。

カラーリングって

僕の中では正直

カットより大事といっても

過言ではないと

本気で思っていて。

なんとなくインスタの

やりたい色の希望の画像が

あったとして。

そのとき写真っぽく

なればいいやー

ではなくて。

写真とドンピシャを狙うこと。

基本的にそこだけに

こだわっていて。

例えば


ゴルフと一緒で

カップを狙うのと。


グリーンを狙うのじゃ。

一打のクオリティーだったり。

熱意が変わってくるし

クオリティ全く違うよね

って話になるので。

そういう気持ちで

カラーは行ってます(_ _).。o○


メンズはごめんなさい。

普通にぽく塗ってますw

男性はそれでいいかなーと。

でもやっぱりcolorも。


やるなら徹底的に。

アッシュ系

バイオレット系の

赤系とか

なんとなくやなくて。

この色にしたい!ってピンポイントで

希望の色に合わせれる

技術を身につけないとね。

てことでさらに精進します。

でわ。

フォルテ城北店  stylist 井口 尚之

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする